2017-11-20

星と光と植物に音楽をそえて

2017年11月20日兵庫県三木市にあるCafe home 『紅葉の会』と名付けられた季節のイベントにて 演奏させていただきました。 2004年にオープンされたCafe homeは ガーデンカフェと呼ばれているように お店の中や周り、屋根などに木々などの植物がたくさんあります。 入口へ近づいていくとまるで森の中に入っていくかのような 不思議な気分になる素敵な場所です。 冬へと向かうこの季節は植物たちが暖かく色付いて 自然の色彩が持つ豊かさを語りかけてくるようでした。 Cafe homeではこれまでに5回、イベントに出演させていただきました。 2017年 5/21『新緑の会』 2016年 11/...

» 続きを読む

|

2017-04-01

空とそこに住む家のこの頃

TINÖRKSの楽曲をupしているsoundcloudで 2枚目のCD「gyrocompass」(ジャイロコンパス)に収録している 「空とそこに住む家」の再生回数が、3/29-3/31まで とても多いのにびっくりしました。 gyrocompassの解説は こちら (なんと2011年1月の記事) 収録されているのはどれも思い入れのある楽曲なので、 今でも聴くことが多いです。 TINÖRKSは今ではすっかりインストバンドの イメージに包まれていますが、こういうふうに 唄ものにも興味をもってもらえるとうれしいですし、 創作の励みになります。 gyrocompass以降、唄をメインにしたCDを作ってな...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017-03-25

「Whale vs Elephant」とは何か?

ドイツはトリーアからトビアス・ブラウンの Whale vs Elephantを迎えて 4/30から始まるコラボレーションツアーですが、 そもそも「クジラ」対「象」を意味するWhale vs Elephantの由来となったのは 何かをトビに尋ねました。 その答えがこちら ———————————————————————— (原文) It's not really a long story, but it can mean different things for different people. So many small storys actually It's about t...

» 続きを読む

|

2017-03-22

クジラと象の周遊 2017 詳細

ドイツからWhale vs Elephantを迎えてのライブツアーの詳細が決まりました。 4月30日(日) 【会場】神戸元町space eauuu ​【時間】18:00open/18:30start ​【ticket】前売¥2,500/当日¥3,000      (要1ドリンクオーダー) ​【共演】toglov(トグロフ)・四宮基稀 【DJ】ssnm_tky 5月3日(水・祝) 【会場】岡山城下公会堂 ​【時間】19:00open/19:30start ​【ticket】前売¥2,500/当日¥3,000      (要1ドリンクオーダー) ​【共演】toglov(トグロフ) ​ 2017年5...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017-02-26

神戸・岡山・名古屋

4月末にドイツから友人のトビアスを迎えての ミニライブツアーの日程と会場が決まりました。 (2015年ドイツ トリーアのポストフでのライブ) 4/30(日)神戸元町space eauuu 5/3(水・祝)岡山城下公会堂 5/5(金)名古屋K.Dハポン 大阪では残念ながら演奏が決まってないのですが、 どの会場もとても良い雰囲気なので、 今から楽しみにしてます。 詳細が決まるのはもう少し時間がかかりますが、 決まり次第TINÖRKSのwebsiteを 更新しますので、また見ていただければ うれしいです。 限られた時間の中、ライブの準備をするのは 大変ですが、2015年にドイツでやった時以上の 世界...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017-02-16

5月にトリーアから

5月に友人のミュージシャンのトビアスがドイツから 大阪に来ることが決まりました。 先月、彼のプロジェクトwhale vs elephantの EPをリリースしたばかりで、最近では ドイツだけでなくて、フランスや グルジアなどでもライブをしています。 ドイツと言えば、mum、Guther、ISAN、Lali Puna、 Pascal Pinonなどが所属している morrレーベルがありますね。 2015年の夏にTINÖRKSでドイツの南方の街 トリーアにある彼の家に滞在させてもらって いくつもライブをさせてもらいました。 それは、ずっと夢でしかなかったヨーロッパでのライブを 叶えてくれた瞬間でし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017-01-25

そして手を振ろう

縁というのは不思議なもので それには逆らえなく、抗えなく、 ただ受け入れるしかありません。 以降、TINÖRKSは4人での活動になりました。 できる限り努力はしましたが、 自分の努力が足りませんでした。 それを本業としないインディーズミュージシャンの 活動は、各々のモティベーションによってのみ それが維持されると思います。 それは何を差し置いても音楽を優先するということを 意味するのではなく、その時の状況においてベストを 尽くすというモティベーションを意味します。 音楽に時間やエネルギーを費やしたからと言って、 何かを保証するものではないので、 モティベーションを生み出して、維持するのは とて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017-01-03

汽笛のフルートは線路の先へ

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。 年末から年始にかけてスタジオライブの 動画編集に集中していて、 今日、計5本目になる『Railnoscape』(レイルノスケイプ)を upしました。ぜひ聴いてください。 この曲はCD「ODOMYUNICA」 (オードミュニカ)に収録されていますが、 5人編成、クインテット編成になって アレンジを変えてライブでも演奏しました。 タイトルは Rail 列車 no 能勢 scape 風景 を組み合わせた造語で 能勢電鉄100周年に合わせて書いた記念碑的な曲です。 今回、動画編集をするにあたって、 日本を抜け出して、北欧の国スウェー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-12-27

クインテットの帆をあげて

今年はTINÖRKSのメンバーが増えたこともあって、 もっとたくさんライブをしたかったのですが、 なかなか演奏する機会が増えず、それならということで スタジオライブを今年の締めくくりにしました。 福島区にあるstudio neco(スタジオネコ)にたくさん楽器を 持ち込んで、今のTINÖRKSの音楽、雰囲気を 紹介するという意味を込めて何曲か撮影しました。 TINÖRKS Quintet(ティノークス・クインテット)と呼んでいますが、 5人編成になってから書いた新曲「Terrarium」(テラリウム)も 公開しています。 まずは 「Komorebi [after a rain]」 ライブでもお...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-11-23

きっと、忘れてしまうから

TINÖRKS(ティノークス)の公式サイトにupしているので、 すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、 Komorebi [Light of Piano]という曲を キヤノンマーケティングジャパン様のラジオCM 「忘れてしまう」篇のBGMに 採用していただきました。 出演者: ハヤシコウスケ(シナリオアート) 南壽あさ子 音楽: TINORKS「Komorebi [Light of Piano]」 コピー、演出: 井田万樹子 プロデューサー: 谷道忠 プロダクションマネージャー: 持田和宏 楽曲 Full ver.はこちら 下記番組内で一年間BGMとして流れます。 毎週月曜~木曜 17...

» 続きを読む

| | コメント (0)

音楽は必要か?

思う。 音楽はなくても人間は生きていけるし、 不自由はないのかもしれない。 本当は空に耳をすませて風の音を聞いたり、 森や林の中でかすかに響く自然の音楽を、 地平線へと続く果てない平原で大地のとどろきを 感じるだけでいいのかもしれない。 けれど、その世界が空想や特別なことに思えてしまうほど、 多くの人にとって住む世界は頭だけで考えすぎてしまうほど 複雑で狭い世界になってしまった。 物事が蜘蛛の巣のように絡む日常で生きざるをえない状況で それらを紐解いて、そしてシンプルで素朴な感覚へと導いてくれるものが、 例えば、四季の色彩であったり、雨上がりの木漏れ日であったり、 星空の光であったりすると思う...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-11-09

別の時間

さえぎるものがなく彼方まで音楽を運んでくれる 空の匂い 雲間の光 風が流れる時間 演奏する者にとってこれほど至福のひとときがあるだろうか 前回、東谷ズムでのライブから5ヶ月 5人編成で臨む3回目のライブは万博記念公園で 開かれたロハスフェスタ2016 Lifestyles of Health and Sustainability 頭文字をとったLOHAS 健康と環境、持続可能な社会生活を心がける 生活スタイルをコンセプトにしたイベント 会場にはたくさんのお店がひしめく リユース食器を用意したり、大量生産ではない ひとつひとつ手作りした雑貨に夢を見たり、 大切に育てられた食材で調理された料理にし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-08-28

Overnight -OSAKA-

フィリピンの首都マニラ在住のErwan Heussaff氏がホストを務め Seabiscuit Filmsが制作の セブパシフィック航空の番組 『Overnight』シリーズの大阪編が公開されました。 そこに我らがTINÖRKSのメンバーがちょい役で出演しています。 以前にこのブログで紹介しましたが、 『Overnight』という番組は Erwan(エルワン)氏が各国に36時間滞在して 主に食文化を彼の考察をまじえて取材し、紹介するというものです。 (以前の記事はこちら) youtubeには他に香港、クアラルンプール、ソウルなど たくさんupされています。 今はアジア諸国の街だけですが、後々は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-08-25

「ここはドイツだけどドイツではないのよ」

3日前に見た夢の話… ◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇ 昼間、車で森の横を走っている 高速道路は高架になっていて高さは生い茂る木々よりも高い 森を過ぎると街が広がっている 街の建物はどれも同じ大きさ その中のいくつかの場所には とても大きな巨人を彫った石像が建っている 高速を車で走り ひたすら街の横を通り過ぎる 場面は変わり 夜 どこかの建物の中の部屋にいる 彼女と一緒に荷物の整理していると 家族連れが入ってくる 英語で「Where city is here?」と聞いてみる。 (文法間違ってる) 家族連れの母親が答える 「ここはドイツだけどドイツではないのよ」 家族連れは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-08-22

やってますよ。まだまだ

レコーディングやってます。 次のCDは総決算的な作品にしようと考えてます。 昔に作った「nayuta」「gyrocompass」の遺伝子を 受け継ぐ曲も入れようと思います。 別で作っているチェーンミュージック的なコラボ曲も 思ったよりもすごくいい感じに進んでいるので、 組み込むか迷い中。 根底にあるいつも表現したいと思う世界観は 例えばミヒャエル・ゾーヴァやミヒャエル・エンデ、 旅のラゴス、美術の印象派、シュルレアリスムを 自分のフィルターを通して生まれるもの。 星野道夫さんの自然との共生の考え方も忘れずに。 予定よりもリリースの時期が延びそうだけど、 なるべく早くに完成させれるようにと思いま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-08-15

うまくいかないことも含めて

うまくいくこともあれば うまくいかないこともあります。 だいぶと以前になりますが 個人的に関わった二つの曲が 結果的に陽の目を見ずにお蔵入りです。 ほんとに残念、無念。 どちらもほったらかしにされていた状態でした。 ひとつはリリースしたいからこちらでmix、マスタリングを させて欲しいとお願いして、作業した後、色々と文句を言われて そのままボツになって、終わりました。 自分が演奏で参加しているわけではなく、 雫が参加していて、一向にリリースするというか、 mixiすらする気配がなかったので、こちらから 連絡しました。とても爽やかで良い曲だったので、 なんとかリリースしたいという旨を伝え、 こち...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-08-12

何のための音楽か

レコーディングに関してもうほとんどの方が ご存知だとは思いますし、それが今では 普通のことだとは思うのですが、 例えば、楽器を録音して、その録音した音声ファイルの ピッチ(音程)、リズムやグルーヴ(ノリ)などを PCのソフト、DAWソフトと言いますが、 それを使って、自分の望むように如何様(いかよう)にも 編集できます。 極端に言えば、ものすごく下手なヴォーカリストが唄を レコーディングしたとして、それをエンジニアがソフトで編集すれば いくらでも上手く歌っているようにごまかせます。 音楽をやっていない人が聞くと分からないほどに。 唄以外、楽器でも同じことが当てはまります。 そして、世に出ている...

» 続きを読む

| | コメント (0)

行方

めっきり活動していないTINÖRKSですが、 ひとつ秋に大阪の野外イベントでの演奏が決まりました。 りんご音楽祭のオーディションは落ちたので、 秋はこれ一本、もしかしたら早いですが、 年内最後のライブになるかもしれません。 メンバーのスタジオの予定次第のところもあり、 フル編成で臨めるかどうかも未定ですが、 前回の東谷ズム2016に引き続き、 新曲をやりたいと思っています。 ネガティブになっているわけではないのですが、 この歳で、この音楽をやっていると、 なかなか活動が厳しいというのはあります。 基本的に唄がなくて、ジャンルがエレクトロニカという 普通の人からしたら???しかイメージできない音...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-07-23

音楽が心に帰る場所

楽園とは砂漠の真ん中にあるオアシスを意味するのではなくて、 目の前にある古の響きの中にこそある 先日、休みの日に『のろま庵カフェ』という会に 参加させていただきました。 TINÖRKS(ティノークス)にチェロ奏者として参加してくれている 矢原さんからお誘いいただきました。 きっかけは6月に演奏させていただいた「東谷ズム2016」の 帰り道の車中で矢原さんと古楽器の話で盛り上がり、 その勢いで実際に古楽器を所有して演奏される方のご自宅に 伺わせていただいたことに端を発します。 ライブ後でテンションが上がっている中、見たことも聴いたこともない たくさんの古楽器の音色を聴いてさらにテンションが上がり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-07-03

TINÖRKS in Osaka. It's no reason?

Amazing time vibing out with the Osaka band #tinorks today Erwan Heussaffさん(@erwanheussaff)が投稿した写真 - 2016 7月 3 12:11午前 PDT 音楽活動をしていると時々今日のような 不思議な偶然に出会うことがあります。 縁というか巡り合わせというか そういう突発的な出来事に出会うと 人生というのは何が起こるか分からないと 改めて思います。 この日、いつも練習しているスタジオよりも 広いなんと25畳の部屋でTINÖRKSの 演奏風景を撮影していただきました。 撮影していただいたのはフィリピン人で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-06-27

New my table has lanched

After buying nord lead4, I noticed a important thing. These places of plugs of it are different from nord lead2 so the table I always used in live is not better in the point getting togher other devices. So I had to improve my live set. I bought some wood stuffs and metal fittings like screws at one...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-06-23

new tool to make nordic sounds I got

At last I bought a new synthesizer "nord lead4" a few days ago. Until this time I've used the old one "nord lead2" for a long time about for 16 years. In rehearsal of live at Higasitani zumu, I found out it's broken perfectly. So I must decide to buy new one and use nord lead2 in only recording not live. I went to instrument shop and played many synthes and thought which was best one for me and my creation at many times. In the one point of making sound, nord lead4 is quiet better than others and also its visual. I don't know blofeld got a new partner whether or not he's happy. nord lead4 is many different from nord lead2. It has some effectors and oscillators and special functions. Also A/D, D/A converter is very high quality. And at the same time it has the side of experimental. When at first time I played, it's really easy for me to know how amazing! Maybe it takes many time I find out all thing of nord lead4. But I'm sure I have gotten the strong instrument to create my sound world. Btw in 3 July TINÖRKS will play at studio. Recently I got a message from a man via TINÖRKS FB site. He is director of foregin and told me to take a movie of TINÖRKS performance. It's a chance for TINÖRKS so I'm really looking forward to the day coming. Now I can't write anything about the detail. But after the day, I'll write report surely because I want to know adventitious possibility in a indie band activity. See you next Hosei

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-06-12

Claps in the Terrarium

5人編成となってまさに船出にふさわしいライブ 国の登録有形文化財に指定されている 多田銀銅山の銅精錬所を営んでいた 平安家の邸宅だった場所 「旧平安邸」にて奏でられた6曲 5人編成でのライブは5月のHard Rainが はじめてでしたが、個人的には この日にかける想いは特別なものがありました。 演奏場所や依頼をいただいた方々、 そして東谷ズムのコンセプトや 空気感は自分にとってクリエイティブな ツボを存分に振るわせるもの。 それは音楽を生み出し、奏で、表現することの 源泉、そのエネルギーとなるもの。 当日は予報通りの雨でしたが、 しかしその雨を開演前には見事にくつがえし、 用意していただいた席...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-05-30

ハッピーでユーモアのある音楽

スタジオリハで雫が撮影してくれた2枚 ひとつのイメージに沿って音を合わせるのは 本当に難しと、新曲を練習していてやっぱり思うのです。 けれど、だんだん音が音楽になっていくのが分かるし、 音楽以上のものになる時もちらほら出てくる。 例えば5、6分の曲を合わせる時、その間、 ずっと楽器で音を出しているわけで、 一言もお互いに話していない。 けど、何かその間だけ意識が別の空間の同じ場所に いる気がする。不思議なことだけど、 これは何なんだろうって思うと、 リズム遅れて間違えて、あかん、集中しようと思う。 みんな細かなところまで、色々と考えてくれるので、 作曲者としたらこれほど有難いことはないわけで。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016-05-28

6月5日は熱気球記念日 そうじゃなくて

チェロの矢原さんとベースの松永さんの 低音系倍音のお二人をお迎えし、 5人編成となる最初の大きなライブは 来たる6月5日(日)兵庫県川西市で開催される 『東谷ズム2016』 川西の北に位置する東谷地区は、 大正2年に能勢電鉄が開業したことにより、産物、人、文化が集まり、 銀行、証券会社、芝居小屋、ダンスホール、カフェ、 ビリヤード場などが立ち並ぶ華やかな町でした。 東谷地区の歴史や地域資源を、地域住民と一緒に再認識しながら、 地区内外、市内外へ情報発信しようとする試み それがこの『東谷ズム』というイベント。 年1回、川西市郷土館をメイン会場に、 今年で5回目を迎えることから、 東谷の歴史や習俗...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«森の中にいる