« 落ちてた。プランクトンのメモ | トップページ | 「ない」価値 ⅰ »

2009-09-07

people who we have not ever met

Tinorksの最初の作品『nayuta』を購入していただいた方々へ
委託販売で時々販売していただいているTomokoさんへ
danke-schoen (なぜかドイツ語で)

会ったことがない方、またはライブを聴いていただいてない方に
CDを買っていただくのは、何か不思議な感じでとまどいもあります。

でも、そういう形でTinorksの音楽が色んな方に伝わっていくのは非常に嬉しいことで。

収録曲のほとんどはアコースティックでアレンジもシンプルです。
歌は無くインスト曲のみで構成されています。
個人的にはギミック的な、おどかし的な音はほとんど無く今思うとどこか抑圧された感じが
ありますが、逆にアコースティックの素朴さは時間を超える要素もあると思うので、
そういう方向性の作品を創れて良かったと思います。

ところで、今制作している新しい音源は『nayuta』とは対照的に歌ものが中心です。
年内には完成させたいと思っています。

対照的なだけに、前作とは一貫性がないですが、聴いていただいた方に何か伝わるものが
あればと思います。

|

« 落ちてた。プランクトンのメモ | トップページ | 「ない」価値 ⅰ »