« 生きがいって他者との関係性なんかな | トップページ | 音楽作品の差分 »

2011-02-08

油絵のような立ち位置の音楽

Inst

左端→ヘッドフォンアンプ
手前→nord lead2(赤色)
右中段→Blofeld(白色)
右上段真ん中→ミキサー
右上段右端→MTR

カフェが似合いたい油絵のようなユニット tinörks(ティノークス)の音の変遷と演奏についての記事。

活動し始めた頃は以前の名残でピアノと相方がティンウィスルと唄とメタロフォンの
アコースティックなスタイルでしたが、御堂筋kappoでの半ゲリラ的な単発ライブで
MTRに仕込んだオケを導入して、楽器がピアノ→シンセ(triton)とMPC1000(サンプリングマシン)に
変わっていきました。

でも引き続き民族楽器類のティンウィッスル、インディアンフルート、
パームナッツシェーカーなどは使用しました。

で、3人編成のヤネトロニカでフォークトロニカ的な音になって
MTRのオケを使いつつ、楽器はというとシンセのtriton→nord lead2とBlofeldに変遷して行き、
ほぼ電子音路線に突入していったのですが、惜しくもユニットは休止になり、
しかし、その精神を引き継ぐ形+民族的な要素を取り入れる形で
現在のtinörks(ティノークス)は音作りをしています。

ライブで使う音を今は8つほど事前に作り込んで保存しそれらをライブ中、演奏中に
切り替えながらnord lead2の鍵盤で演奏するわけですが、
Blofeldは鍵盤がない為、MIDIケーブルをnord lead2に接続し、nord lead2の鍵盤を弾くと
Blofeldの音が鳴るようにしています。

曲やパートによってはBlofeldの音だけしか鳴らさない時もあるので、その時は
ミキサーでnord lead2の音をミュートしています。もちろん逆パターンもあります。

またBlofeldの音色切り替えはnord lead2の音色を切り替えることで実施しています。
なのでnord lead2側での音色の並べ方が肝になってくるわけです。

演奏時は各音色のパラメーターを楽器上のノブを回す事によって音を変化させています。
これはnord lead2、Blofeldの双方に共通しています。

それからMTRでオケを流している為、MTRのヘッドフォン端子からヘッドフォンアンプを経由して
クリックというガイド音(メトロノーム)を流してその音を逐一イヤホンでモニタリングしています。
こうすることによってオケがない場所でもガイド音を常に補足しているので
リズムがずれないわけです。

ざっと説明するとこんな感じです。
ラップトップでのDAWシステムを取り入れていないので、
システムはかなり旧式ですが、個人的にハードウェアの機材達に愛着があり、
MTRを中心としたシステムは気に入っています。MTR存続派。
例えると現代美術全盛の中で、絵の具に凝る油絵を描いている画家のような
感じがしています。

同じ境遇の方々に対して何かの参考になればと思いました。

自作曲の
音源試聴はこちらから↓↓↓
http://www.myspace.com/tinorks

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

tinörks(ティノークス)

2007年極東の日本にてまだ見ぬオーロラを
夢見ながら結成。
Vocal,Tin Whistle,Melodion,Indian Fluteを愛する
川原雫とKeyboard,Synthesizer,Programming,Arrangeを
担当するギターを挫折した建水歩星による
2人で4人分ユニット。
ユニット名の由来はジャンルに捉われない表現活動を
するという気持ちを込めてアナログにはじき出された造語。
ケルト音楽、ライト・エレクトロニカ、印象派に影響を受けた
オリジナル楽曲を制作し、大阪、京都、神戸、奈良で活動希望中。
「間」をひそかに大切にした環境音楽的なものや、
浮遊するリズムと言葉そして木漏れ日の唄が組み合わさる
カフェテラスな休日音楽、どこにでもある日常が少しだけ
空想の世界に変わる音楽を目指し、まだ音旅の途中です。

Sounds to change eveyday a wee bit into the farthest world

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

□【新譜】2nd CD『gyrocompass』(ジャイロコンパス) 
ライブ会場、HPにて発売中 空想込み価格¥1500
Gyrocompass_new
『gyrocompass』の収録曲の中から気になる1曲をmp3で無料配信中。
ご希望の方はtinörksのHPのtopに記載のe-mailアドレスからお知らせ下さい★

□1st CD『nayuta』ライブ会場、HPにて発売中 空想込み価格¥1500
Nayuta_jacket

mp3ファイルではmonstar.fmで購入できます。(1曲¥150)
http://monstar.fm/namimum/
Monstarfmbadge160x40w

□Sound&Recording Magazine(2010/1月号) 『KEN ISHII 15TH ANNIVERSARY』
コラボ企画に入選。入賞音源を集めたコンピ『KI-15The Collaborations』
iTunes store、着うたサイトTONE.scで発売中。
『KI-15The Collaborations Part2』 7.KEN ISHII&Hosei Tatemizu
Ki


official site: http://homepage2.nifty.com/mmp/
My Space: http://www.myspace.com/tinorks


|

« 生きがいって他者との関係性なんかな | トップページ | 音楽作品の差分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きがいって他者との関係性なんかな | トップページ | 音楽作品の差分 »