« ...to escape from others | トップページ | 届きますように »

2011-04-13

コネがなくても

音楽配信サイトのmuzieからtinörks(ティノークス)をTOPページの
Pick Up Artistとして紹介してくれるメールがきました。
掲載期間は今日から1週間。

Muzie_pickup_artist_20110414

今まで活動してきてメディアに取り上げられたことがないので、
ほんとにうれしい。涙

コネも何もない中、こうやって評価して頂ける事は励みにもなるし、
自尊心を取り戻せるようになります。

tinörks(ティノークス)の音楽は自分で言うのもなんですが、
日本では独特でマニアックな側面が強いと思いますが、
こうやってコネもない中、そういう独特な音をサイトで取り上げて頂いて
紹介して頂けるということは、独特で個性的な音作りをしている他の
アーティストの可能性も同時に広げることにつながると思うので、
とても意義のある出来事だと勝手に思ってます。

興味のある方は一度見てください。

そうそうtinörks(ティノークス)は実はmuzieに限らず色々なサイトに登録をしてます。
HPにはリンクをほとんど貼ってないので分からないとは思いますが。。。

ただHPで音源試聴やあらゆる情報は網羅してますので、
HPはやはり一番のベースとなります。

自分の家というか庭というか、寝そべれるような、リラックスできるような空間です。


音源試聴はこちらから↓↓↓
muzie

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

tinörks(ティノークス)

2007年極東の日本にてまだ見ぬオーロラ風景を
夢見ながら結成。
Vocal,Tin Whistle,Melodion,Indian Flute,Metallophonを担当する
川原雫とKeyboard,Synthesizer,Programming,Arrangeを
担当するギターを挫折した建水歩星による
2人で4人分ユニット。
ユニット名の由来はジャンルに捉われない表現活動を
するという気持ちを込めてアナログにはじき出された造語。
ケルト音楽、ライト・エレクトロニカ、印象派に影響を受けた
オリジナル楽曲を制作し、大阪、京都、神戸、奈良で活動希望中。
「間」をひそかに大切にした環境音楽的なものや、
浮遊するリズムと言葉そして木漏れ日の唄が組み合わさる
カフェテラスな休日音楽、どこにでもある日常が少しだけ
空想の世界に変わる音楽を創作し、まだ旅の途中です。

Sounds to change eveyday a wee bit into the farthest world

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

□【新譜】2nd CD『gyrocompass』(ジャイロコンパス) 
ライブ会場、HPにて発売中 空想込み価格¥1500
Gyrocompass_new
『gyrocompass』の収録曲の中から気になる1曲をmp3で無料配信中。
ご希望の方はtinörksのHPのtopに記載のe-mailアドレスからお知らせ下さい★

□1st CD『nayuta』ライブ会場、HPにて発売中 空想込み価格¥1500
Nayuta_jacket

mp3ファイルはitunes store、amazon.comで購入できます。

□Sound&Recording Magazine(2010/1月号) 『KEN ISHII 15TH ANNIVERSARY』
コラボ企画に入選。入賞音源を集めたコンピ『KI-15The Collaborations』
iTunes store、着うたサイトTONE.scで発売中。
『KI-15The Collaborations Part2』 7.KEN ISHII&Hosei Tatemizu
Ki


official site: http://homepage2.nifty.com/mmp/
My Space: http://www.myspace.com/tinorks

Sounds to change eveyday a wee bit into the farthest world


|

« ...to escape from others | トップページ | 届きますように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ...to escape from others | トップページ | 届きますように »