« 余白は余白のままで | トップページ | 旅のラゴス »

2011-08-24

黄金律のライブ

Susuki_edit_orginal

少し遅めのお盆休みにこつこつと新曲を作りつつ、
時には瀬戸内海でカヤックしたり、海の遠くにスナメリを探したり、
持続可能な音楽について考えてみたり。

作る音楽に不純物がなく、その音が鳴る空間と調和し、
それが誰にもどこにも負荷をかけずに持続可能で
奏でられたらいいなあなんて思ってみたり。

そんなこんなでtinörks次回のライブが決まりました。
しかも稀に見る2週連続。

ひとつはずっと前から気になってた場所で
すごく大好きなミュージシャンに声をかけてもらいました。

もうひとつは一大イベントです。


以下詳細です。↓

■10/8(土)神戸元町space eauuu(スペース・オー)
『ひなたみずアンビエンス vol.3』
18:30start/19:30start ¥1500(w/1drink)
act: wa-no/tinörks/mitsuyoshi matsuda

[space eauuu]
〒650-0022
神戸市中央区元町通2-6-10
ミナト元町ビル3F
Tel:078-381-9767

■10/15(土)MINAMI WHEEL 2011
会場:大阪・ミナミエリア ライブハウス
チケット:9/10(土)一般発売
お問合せ:FM802リスナーセンター[TEL]06-6354-8020

まずspace eauuuでの『ひなたみずアンビエンス vol.3』。
mitsuyoshi matsudaさんに幸運にも声をかけて頂いたのが
きっかけで出演することになりました。

彼の音楽はまるで印象派の風景画のような光彩のように
不思議な色を放ちます。少なくとも僕が聴く限りそういう風に
目の前に音が描かれます。

そして会場の雰囲気と12面体スピーカーの音響が日常の非日常というか
不思議な、でも落ち着くのでなんとも言い表し難いですが、
音が体の周りに漂うというかそういう音空間です。

cafe自体のHPがないようなので、
12面体スピーカーのメーカーさんのHPの写真で雰囲気が分かると思います。
http://www.sonihouse.net/menu/?p=1527#more-1527

新曲『migration』をできたらと今必死のパッチで準備中。
アンビエントでダウンテンポの回遊です。


もうひとつのライブ『MINAMI WHEEL 2011』は
みなさん御存知の大阪のライブイベントです。
10/14(金)~10/16(日)の3日間大阪ミナミのライブハウスで
300組以上のミュージシャンが出演する一大イベント。
詳細はここでは書ききれないので↓こちらをご覧下さい。

タイトル:Panasonic Beauty presents MINAMI WHEEL 2011
日程:10/14(金)・10/15(土)・10/16(日)
会場:大阪・ミナミエリア ライブハウス
チケット:9/10(土)一般発売
お問合せ:FM802リスナーセンター[TEL]06-6354-8020

【アーティストHP特別先行予約】
受付日時:8/24(水)18:00~9/9(金)23:00
受付URL:http://pia.jp/a/minamiwheel/ ※PC・モバイル共通

<チケット料金 その他>
○3DAYS PASS(全会場共通3日間通し券)前売り¥6500
[3DAYS PASS Pコード=780-027/Lコード=54482]
○FRIDAY PASS 全会場共通・金曜限定1日券)前売り¥2500
○SATURDAY PASS(全会場共通・土曜限定1日券)前売り¥3500
○SUNDAY PASS(全会場共通・日曜限定1日券)前売り¥3500
[FRIDAY PASS/SATURDAY PASS/SUNDAY PASS Pコード=142-571/Lコード=54256]

チケット購入リンク先
・e+(イープラス) (PC/モバイル共通)
http://eplus.jp/mwl/
・ローソンチケット(PC/モバイル共通)
http://l-tike.com/d1/AA02G07F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=54256&LCD=54482
・チケットぴあ(PC/モバイル共通)
http://pia.jp/t/MIWH2011/

Panasonic Beauty presents MINAMI WHEEL 2011 OFFICIAL SITE

ちなみにtinörksの出演する日は10/15(土)ですが、
会場や時間帯は決まってません。
また決まり次第追記します。


少しずつだけど音楽環境が開けて来たので
音楽やってて良かったなあと思う今日この頃。

良かったらライブに来て下さい。
自由に心が開けるように。


-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

思えばこんなにアカウントを取ってました。

MySpace
FaceBook
Twitter
YouTube
muzie
Last.fm
Sound Cloud
Sound Click
itunes store
audioleaf
Official Site

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

自分の家というか庭というか、草の上でまったりするような環境音楽やってます。

tinörks(ティノークス)
Tinorks_prof_hp

tinorks(ティノークス)
2007年極東の日本にてまだ見ぬオーロラを
夢見ながら結成。
Vocal,Tin Whistle,Melodion,Indian Flute,Metallophonを
愛する川原雫とKeyborad,Synthesizer,Programming,
Arrangeを担当するギターを挫折した建水歩星による
2人で4人分ユニット。
ユニット名の由来はジャンルに捉われない表現活動を
するという気持ちを込めてアナログにはじき出された造語。
ケルト音楽、ライト・エレクトロニカ、印象派に影響を受けた
オリジナル楽曲を制作し、ヨーロッパで活動希望中。
「間」をひそかに大切にした環境音楽的なものや、
浮遊するリズムと言葉そして木漏れ日の唄が組み合わさる
カフェテラスな休日音楽、どこにでもある日常が少しだけ
空想の世界に変わる音楽を目指し、まだ音旅の途中です。

Sounds to change eveyday a wee bit into the farthest world

音源試聴はこちらから↓↓↓
muzie

-.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.--.-.-.-

□【新譜】2nd CD『gyrocompass』(ジャイロコンパス) 
ライブ会場、HPにて発売中 ¥1500
Gyrocompass_new

□1st CD『nayuta』ライブ会場、HPにて発売中 空想込み価格¥1500
Nayuta_jacket

mp3ファイルはitunes store、amazon.comで購入できます。

□Sound&Recording Magazine(2010/1月号) 『KEN ISHII 15TH ANNIVERSARY』
コラボ企画に入選。入賞音源を集めたコンピ『KI-15The Collaborations』
iTunes store、着うたサイトTONE.scで発売中。
『KI-15The Collaborations Part2』 7.KEN ISHII&Hosei Tatemizu
Ki


official site: http://homepage2.nifty.com/mmp/
My Space: http://www.myspace.com/tinorks

Sounds to change eveyday a wee bit into the farthest world

|

« 余白は余白のままで | トップページ | 旅のラゴス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余白は余白のままで | トップページ | 旅のラゴス »