« 予告編 『屋根裏のトロニカ』 | トップページ | 新曲 homing »

2012-07-07

新曲 fullerene

4人編成になってはじめての音源のmixが終わりました。

fullerene

⇒フラーレン

ミドルテンポのリズムトラックに電子音、ギター、ベースが加わり、
その上でアイリッシュフルートが懐かしく響く曲です。

ライブではやってない回はないと思うくらい演奏しているので
新曲という感じはしませんが、音源としては新曲です。

イギリスにエデンプロジェクトというのがあって
それに用いられているジオデシック・ドームは
二十面体(サッカーボール状)構造をしていることから
ドームジオデシック・ドームのデザイナーであるバックミンスター・フラーの名をとって
バックミンスターフラーレンとも呼ぶことがあります。

wikiより
C60フラーレン [編集]
炭素原子60個からなる切頂二十面体(サッカーボール状)構造のフラーレンを、C60フラーレンと呼ぶそうです。。

エデンプロジェクトのジオテックドームの中には
世界中から集められた各種植物が栽培されているそうです。


そのビジュアルと植物の栽培をモチーフにこの曲は生まれました。


少しずつ茎が成長し葉をつけ、そして花を咲かせて、、、
ついにはドームを突き破って空まで伸びていくという、
少しの成長がやがてとんでもなく大きなものになっていくという事を
コンセプトにしてます。

ある意味、4人での再船出にふさわしい曲かも。
これからバンドとして成長していくであろうという、
気持ちを込めて。

曲の最後に登場する噴射のようなシンセの音は、
まさに茎が止まることなく天に伸びていく様子を体現させてます。

今回、松村さん、井上さんそれぞれに自宅で録音してもらった
ギター、ベースのWAVファイルをネットワーク経由でもらって
愛用のKORG D3200のHD MTRに入れて作業を進めました。

雫は直接レコーディングを実施。
愛用のコンデンサーマイクはBlueberry。

Description_2

アイリッシュフルートを何テイクも録りました。
後半めまいしてたなあ(汗)

松村さんはlogic(便利そうだ)でギターを録ってくれて
やっぱり空間系のエフェクターにセンスを感じた。
とても印象深い質感のギター。


井上さんはアップライトとエレキの両方でトラックを用意してくれて
色々と試行錯誤してくれてました。
個人的にはエレべの方が音の角がとれて丸くなって好みな感じ。

tinörksがバンドとして少しずつらしい音になっていく過程を
見ている自分は幸せです。

松村さん、井上さん、シズーキー、レコありがとう!


fullerene ぜひ聴いてください。

建水


Hosei Tatemizu presents

『屋根裏のトロニカ』at 雲州堂

2012.7.21.sat 

18:15 open / 18:30 start

前売り 1500yen / 当日 2000yen
(要 1drink order 500yen)

あの日

北欧から 遠く離れた 極東の町

一軒の屋根裏で 奏でられた

小さく 丸い 電子音が

あったんだ…

[music]
amante branco
http://www.nicovideo.jp/mylist/28284616

トグチケンタ
http://soundcloud.com/doorway66

earthlayforfiction
http://www.earthlayforfiction.com/

tinörks
http://soundcloud.com/namimum
http://homepage2.nifty.com/mmp/tinorks_top.html


[art]
植松あおば
http://fankcoffee.web.fc2.com/

[poetry reading]
泉由良(IZUMI Yuraly)
http://www.necotoco.com/yura/


[DJ]
Motoki Shinomiya
http://soundcloud.com/shine-on-me


チケット予約、お問い合わせはこちらのアドレスまで
tronica@goo.jp

Hosei Tatemizu presents
2012.7.21.sat
"tronika of the garret at UNSYUDO in Japan"

18:15 open / 18:30 start

Adv 1500yen / door 2000yen
(not included 1drink 500yen)

On that day

The town of the Far East that left North Europe distantly

It was played in one garret

There were some bleep round small electric music


You can listen to some good music while enjoying a meal
and display of the pictures(arts).
It will be relaxed space.
Please come to enjoy and join if good.

A ticket reservation, the inquiry to this address
tronica@goo.jp

|

« 予告編 『屋根裏のトロニカ』 | トップページ | 新曲 homing »

コメント

ノギケンさん

この曲は2人からメンバーが増えてから作った曲で、
そういう意味でも思い入れが強くあります。

tinörksらしい雰囲気が伝われば最高です。

投稿: Hosei | 2012-07-20 21:57

フラーレン、旋律同士がたおやかにi呼応していますね♪
お気に入りです!!(・∀・)イイ!

投稿: ノギケン | 2012-07-19 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予告編 『屋根裏のトロニカ』 | トップページ | 新曲 homing »