« 北欧イベント/2days | トップページ | tinorks×北欧ヒュゲリニュース »

2012-09-10

音の境界は水彩画のようでいて、しかし立体的

tinörksの新譜『ecotone』を鋭意制作中ですが、
2mixが出来た音源から順次、マスタリングを
yanekaの雄一朗さんにして頂いてます。

先日、wood'n V studioを訪れて『homing』『migration』の
マスタリング作業に立ち会わせて頂きました。

ログハウスを改造した樹のインテリアがとても素敵な
スタジオで、供給される電圧を200Vに変えていたり、
イングランド製のSSLのミキサーを備えていたり、
フェンダーローズがあったり、気になる機材が至る所に。

マスタリング前後の音源を3つのスピーカー
(YAMAHAの10Mとタンノイ(低域に特性がある)と
汎用のコンポのスピーカー)で比較しながら聴かせて頂いた所、
やはりマスタリングされた音は音圧がありながらも
奥行きがあり、原曲の楽器のバランスを維持しつつ
分離感があり、質感にアナログ特有の暖かさがあるという
とても心地良い音に仕上げて頂きました。

今までは自宅でTC electronicのFinalizer Expressで
やってたのですが、当然雲泥の差。
(レコーディングの時はADコンバーターとして使っているので
無駄にはならないのだけど。。)

自分達の曲だけど、自分達の曲ではないみたいに
感じるほど、ブラッシュアップしました。

ずっと以前に別の所で簡易マスタリングは
頼んだ経験がありますが、今回のような
本格的な立ち合いマスタリングは初めてのことで、
こちらの希望する音の方向性を逐一聴いて頂きながら
進めて頂いたので、その音の変化していく過程も
知ることができ、非常に充実した一日となりました。


作業後は、音楽や時事問題!のことなどを話したり、
フェンダーローズを弾かせて頂いたり
本当に充実した楽しい一日を過ごせました。


他の曲もマスタリングが徐々に終わっているみたいなので
それらが一堂に収録される新譜が自分自身本当に楽しみです。

期待して下さい★

Mixer_2


Ssl_2
これに通すだけで、内部のアナログ回路で音に自然なアナログの質感が付加される。

Yuichirosan_2_2
SSLのミキサー。
作業中のユウイチロウさん。
とても丁寧に音を扱ってらっしゃいました。


Dbx_2
ヴィンテージのコンプレッサー。
当然プログラムされない。
ビジュアルに味が合ってぐっとくる。


Hosei_2_2
monitor levelを調整中。

Hosei_1_2

フェンダーローズの打鍵の感覚が独特でグッときた。
上に見えるのはFOSTEXのMTRとMACKIEのミキサー。
とても親近感が湧きます。

|

« 北欧イベント/2days | トップページ | tinorks×北欧ヒュゲリニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北欧イベント/2days | トップページ | tinorks×北欧ヒュゲリニュース »