« Collaboration From Germany to Japan | トップページ | ある意味、最後のライブ »

2012-11-15

Ned of the hillの譜面

11/23にtinörks(tinorks)自主企画『ニカ・フユース』があってそれの準備で
色々とやってますが、その先の12/2(日)にはFlautoでのライブが
Cafe de Iwaccoであります。

そこで演奏する曲のトラッド(伝承曲)のアレンジを大急ぎでやってます。
いつになくアレンジ漬の日々。。。


ヨーロッパに伝わる伝承曲はもう本当に無数にありますが、
その中で、アイルランドやスコットランドの民謡で
Flautoの雰囲気に合いそうなものをいくつかピックアップしています。

その中で『Ned of the hill』という好きな曲があります。
その曲のピアノパートのアレンジを今先程ようやく終えました。

Ned_of_the_hill_01

Ned_of_the_hill_02_2


Ned_of_the_hill_03

(譜面はPrint Music2006 (古い!)で作成しXPSで出力した後、
このhttp://www.docspal.com/ サイトでPDF変換しそれをPNG変換し、最後にJPGに変換しました)

この曲には唄が付いていますが、Flautoで演奏する時は
当然フルートがメロディーを担当するのでインストです。

3/4拍子の曲なのでワルツです。
youtubeには動画がいくつかupされていますが、
ひとまず参考までに下記を聴いてみて下さい。

『Celtic Crossroads - Ned of the Hill』

ピアノでアレンジする時はテンションコードや自分の癖なども相まって
現代的なハーモニーになりますが、この曲はメロディーがとても
素敵で印象的なので、それをより引き出せるような響きにアレンジしました。

自分は音楽に関してアカデミックな教育を受けていない、
かつ、民族音楽を専門にやっていないので、
その分野の専門の方からすればなんというアレンジだと
言われかねないですが、こういう伝統音楽のカバーの
仕方もありかなと思うわけです。


またスタジオで動画を撮影できればupしますので、
お楽しみに。


…ちなみに。。。Iwaccoのライブで演奏しようと思っている曲は
(かなりざっくりと曲解説も)

・Inisheer - イニシャ諸島の風景
・Down by the Sally Gardens - 失恋の曲
・Sheebeg and sheemore - 大きい妖精、小さい妖精
・Hector the hero - ヘクター少将への哀悼の曲
・Give me your hand - 仲直りする為に贈った曲
・O'Carolan's Dream - ターロック・オキャロラン(ハープ奏者)の夢
・The Cradle Song - 子守唄
・The girl pf the brown hair - 美しい少女に恋をしたひとりの若い農民の物語
・Ned of the hill - アイルランド人貴族 エドモンド・オー・ライアンについての曲
・Fanny Power - フランシス(=Fannyの愛称)に贈った曲
・丘の上の海(※この曲はオリジナル)

多いなあ。。。練習間に合うのか。。。(汗)


というわけで、練習に戻ります。

|

« Collaboration From Germany to Japan | トップページ | ある意味、最後のライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Collaboration From Germany to Japan | トップページ | ある意味、最後のライブ »