« ライブ告知 野外イベント | トップページ | after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 »

2013-03-09

cafe&bar 虹の仏

明日は四天王寺夕陽ヶ丘にあるcafe&bar 虹の仏にて
僧侶でありクリスタルボウル奏者yugiさんとtinörksのライブ。

Inthewater_middle


店の名前が『虹の仏』というとてもインパクトのあるネーミングです。
レインボウ・ブッダですからね。後光がまるで虹色のようなとても眩しい世界です。

虹色と言えば、tinörks(tinorks)に新しく加入して頂いた
ギタリストの霜野さんのギターも虹色です。

何が虹色かというと、使用する音色が本当に七色、いやそれ以上、
本当にたくさんの種類の音色を切り替えながら
曲中で展開していきます。

弾いている楽器はエレキギターなんですが、鳴っている音は
ギターではなく、全く別の楽器のよう。

どういう風に音色を作っているのか一目見ただけでは、
全く分からないほど、色々なエフェクターが複雑に
絡み合っています。

今日もスタジオリハでしたが、その虹色ギターの音が
tinorksの楽曲に十分に馴染んできているのが分かります。


普段はタブラ、シタール、アップライトベース、テルミンなど民族楽器の方々と
マルコヘイベイという、おそらく唯一無二の形態だと思いますが、
とてもオリジナリティと演奏力が高いバンドで活躍されているので、
音色や演奏技術はもちろんクオリティが高いのですが、それ以上に、
tinorksの楽曲を良くしようとして頂ける姿勢に毎回本当に頭が
上がらないくらい感謝しっぱなしです。


演奏力はずっと音楽を続けていれば、自然とそれなりにスキルが
つくものなのですが、人間的な部分は、音楽とは別の要素なので、
今まで生きてきた蓄積と言うか、価値観や考え方の部分なので、
長く生きたからと言って人間的に優れているとはならないと思います。

今までtinorksに加入して頂いて、支えて頂いた方々は、人間的に
本当に良い人柄の方ばかりだったので、tinorksは恵まれているなあと、
過去の活動を思い返す時は、いつも自然と感謝の気持ちが湧き上がってきます。


最近加入して頂いた虹色ギターの霜野さんも、御多分に洩れず、
多くのことでtinorksを支えてくれています。

明日の虹の仏での演奏から、tinorksはまた新しい船出を迎え、
未知なる航海へと漕ぎ出しますが、新しく心強いメンバーを加えて、
これから本当に楽しみな旅になりそうです。


建水


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

3/10(日)四天王寺前夕陽ヶ丘 cafe&bar 虹の仏

"Water Ambient Sunset" ​​-音は​深海で​透明になる-​​

Inthewater_middle


open 18:00 / start 19:00 【※注意】startが19:00になっています。
チャージフリー 1 drink order ※投げ銭制
act: Yugi / tinörks
★入退場自由ですのでお気軽に御越し下さい。


四天王寺夕陽丘にある隠れ家的なcafe&bar 虹の仏でのライブ。共演は2月に
1st album 六大-Rokudai-をリリースしたクリスタルボウル奏者Yugi。
Yugi氏のソロやtinörks建水との透明なアンビエントセッションをお届けします。
tinörksは新メンバーとしてマルコヘイベイの霜野佑介氏を迎えて3人編成での演奏。​
再び新しい航海に出かけます。
イベント最後には、Yugi氏、tinörks、そしてマスターによるspecial sessionを予定。​
素材にこだわった自然食のfoodもぜひお楽しみください。


虹の仏 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-23 TEL 06-6777-4662
地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅4番出口より徒歩2分


空の向こうの北欧エレクトロニカ tinorks

アイリッシュフルート、インディアンフルート、メタロフォン、メロディオン、レインスティックなどを使って
奏でる木洩れ日のエレクトロニカ


試聴できます↓


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

|

« ライブ告知 野外イベント | トップページ | after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライブ告知 野外イベント | トップページ | after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 »