« after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 | トップページ | 星に囲まれた音楽 »

2013-03-19

とてつもないヒトマス


(※tinorksのHPにて新曲など他の動画も試聴して頂けます。TOPページのSpecial Contentsをクリックして下さい)


2012年2月18日

ギターに松村さんとアップライトベースにNickを迎え4人編成で
初めて臨んだライブがBlue Eyesでのイベント。


それから一年が過ぎ

2013年3月15日

ギターに霜野さんを迎え3人編成で一年ぶりとなる
Blue Eyesでのイベント。

それはhirano midoriさんのプロジェクト
「MimiCof」Japan tour in Kyotoでのイベント。

共演者はRUBYORLAさんとHiroaki Asaiさんと錚々たるアーティスト。


tinörksとして2012年色々な場所でたくさん演奏して、
経験して、修行して、時には浮遊して、なんとなく自分たちの音が
出せるようになってきたタイミングで今回の大きなイベントへの出演依頼を頂きました。


一番目の出演でしたが、色々な意味で浮いていました。

tinörksは北欧エレクトロニカという枕詞をつけていますが、
狭義ではエレクトロニカではないです。

サウンドに関しては、民族楽器などの生楽器の比重が大きいので
フォークトロニカや他のジャンルに該当すると思います。

けれど、フォークトロニカよりも「エレクトロニカ」という言葉の響きがとても好きで、
北欧エレクトロニカというジャンルに位置付けたいなと。


今回は演奏時間の都合上コンパクトなset listでした。


#1 fullerene
#2 komorebi

MC

#3 Ljus och snö
#4 homing


場所がライブハウスだったので、カフェとは違い
音圧があって近年稀にみる迫力のあるtinörksだったと思います。

佇まいはゆるいのですが、この時の音はとても大きいという不思議な雰囲気。

ところで、今回、なんと!写真家のシエンさんがライブ写真を撮影して下さいました。

Tinorks_profile_blueeyes_20130315_1

(以前はミュージシャンでもあったということで、演奏者側の立場を理解して撮影して頂けました)
※当日のライブ写真はこちらにup


シエンさんはくるりなどたくさんのアーティストの写真を撮影されている
プロの写真家です。

Blogはこちら


前回の虹の仏でのライブにもお越し頂いたのですが、
今回、御縁があって、撮影をして頂きました。
(本当に感謝していますm(_ _)m)

去年、IKEAでのイースターでのイベントでも御一緒させて頂いたのですが、
その時は面識がなく、お話させて頂く機会がなかったのですが、
ここに来ていくつかのタイミングが合ったので、撮影は本当に幸運な出来事でした。

日本以外にたくさんの国々でお仕事をされていて、その内のひとつ、
台湾のカフェやアジアの音楽事情などを詳しく教えてもらい、
とても興味深かったです。(普通に活動していてもアジアの純粋な音楽事情に
関する情報は入ってこないので)

台湾のカフェや野外イベントで、tinörksもいつの日か音を紡ぐことができればと
妄想にふけってました。


平日にも関わらず、お越し頂きました皆様、
CDをお買い上げ頂きました皆様、共演者の方々、
スタッフの方々、本当にありがとうござました。


tinörksの音楽活動はすごろくで例えると一の目しかないサイコロを振って
ヒトマスずつしか進めません。時にはマスの内容によって不本意にも後退する時もあります。


今回幸運にもサイコロを振ることが出来ました。
そして、無事にヒトマス進むことが出来ました。

ヒトマスだけど、とても大きな意味のある一歩。


2013年は何かが変わるかもしれません。


こういう予感は丁寧に"当て"にしたいと思います。

ライブが立てつづけにありますが、次回は明日です!
プラネタリウムのある星カフェSPICAでのイベントです。

FM COCOLO DJ 加美さんとの朗読セッションもあります。
お楽しみに。

建水


Hosei_profile_blueeyes_live


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

3/20(水・祝)星カフェ SPICA 『★音と星とスイーツと』

_flyer


open 12:30 / start 13:00 (※15:30終了予定)
ticket 3500yen (1 drink + sweets込)

パンスターズ彗星が流れるこの特別な日にスイーツと音楽と朗読がゆるやかに溶けあう星のイベント。
プラネタリウムに包まれたたくさんの星々が舞う店内で、童心に帰れる雰囲気をぜひお楽しみください。

星カフェSPICAのマスターでもあり、星のソムリエでもある山口氏のとっておきのトークもお楽しみ頂けます。

イベント終了後はパンスターズ彗星観測ツアーも開催します★
※彗星は18時頃、西の空の開けた場所で見られる可能性があります。​

Sweets


Spica_1



朗読 : 加美 幸伸(FMCOCOLO DJ)
Live : tinörks
スイーツ : 街のケーキ屋さんおぃすぃ~ッ​



チケット御予約 info@cafespica.com
望遠鏡とプラネタリウムのカフェ・バー 星カフェSPICA
542-0067 大阪市中央区松屋町4-18 MATCHA BOX5F
TEL: 06-6777-4066
地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅③番出口南へ徒歩4分
地下鉄谷町線 谷町六丁目駅④番出口西へ徒歩10分

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 | トップページ | 星に囲まれた音楽 »

コメント

ノギケンさん

Special Contentsご覧頂いてとても嬉しいです~!
今後も限定動画を充実させていきますので、
またよかったら見て下さい~^^

投稿: 建水 | 2013-03-21 20:49

tinörksにとって
一期一会&塞翁が馬を自で行く様な一年。
そして、確実に前進した一年でしたね。

《Special Contents》で動画拝見しました(o^-^o)

「Ljus och sno」
生のスウェーデンの情景を想起させる曲ですね♪
「homing」の進化具合には驚きました(・∀・)イイ!

次の一歩も楽しみにしていますo(*^▽^*)o

投稿: ノギケン | 2013-03-21 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« after "Water Ambient Sunset" 2013.3.10 | トップページ | 星に囲まれた音楽 »