« オモイノタケ | トップページ | 【動画】コラボレーション 『MOLA MUZIKO』 »

2014-12-10

amazonでも買えます


ティノークスの新譜『オードミュニカ』ですが、
amazonでも購入できるようになりました。


他には埼玉の大宮にあるmore recordsさんでも購入いただけます。
more recordsでは来年1/24(土)にインストアライブを予定してます。
こちらは無料なので気軽に遊びに来てください。
ライブは夜にあります。

あとホームページからでももちろんCDは購入いただけます。

それからなぜかあまり知られてないのですが、
『オードミュニカ』のCD内の透明トレイの下に
特典サイトへのパスワードがあります。

特典サイトはコチラ

特典サイトでは、
最新のライブ版『Homing』(岸和田自泉会館 なんと登録有形文化財!)の限定動画の視聴と
楽曲『空の余白』のフリーダウンロードができます。


Fa8463_b46dfeaa0ad2425399eb85cb6486

この『空の余白』という曲

ライブでは過去によくやっていたのですが、今のティノークスでは珍しく?唄もので、
自分でいうのもなんですが、ミドルテンポのなかなかいい曲です。

ギターは初代ギタリストの松村さんに空間的なフレーズを弾いてもらってます。


詩は

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ある朝思い出すのは
ぼくのかけら 道端を行きかう
とりとめのないしぐさは
ぽっかりと空いた景色に埋まっていった

空の余白がすきだな なぜか
昨日のこと話せる気がするから

季節の片隅見上げて
君が言った
消えそうなセリフ
その行間に海がひらけた

言葉としぐさの余白 埋めないで
空から落ち葉 絵になるそのとき
一番深いココロのある場所
前よりもっと知れたらいいな

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


HOSONO HOUSEの頃の細野さんや
空気公団の影響が出ている曲

位置付け的には4枚目の『ecotone』(エコトーン)の続編であり、
「何か足りない」からこそ魅力があるというか、
日本的に言えば「わびさび」をPOPに表現したかったわけです。

すべてを言うのではなくて、ここまで言って、その後はあえて言わずに
余韻の中に重要なものが含まれている感じが好きで、
例えば、フランス映画とかのラストシーンで、「え、これで終わり?」っていう
本当の終わりを観客にゆだねるパターンにぐっとくるわけです。

そういう想像の余白ってとても大事だなと思います。

ある意味、自分自身にとってのクリエイティブの指針でもありますが、
ティノークスの世界観をより楽しんでいただくための曲として
ぜひダウンロードしてみてください。


タテミズ


Tin44_2


|

« オモイノタケ | トップページ | 【動画】コラボレーション 『MOLA MUZIKO』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オモイノタケ | トップページ | 【動画】コラボレーション 『MOLA MUZIKO』 »