« amazonでも買えます | トップページ | 【動画】The Cradle Song »

2014-12-11

【動画】コラボレーション 『MOLA MUZIKO』

今年の9月5日に出演したイベント

登録有形文化財である岸和田市立自泉会館での
『ただいま。カーネーションと現代美術』から
イベント最後の出演者全員での即興コラボレーション

映像は稲垣 智子さんに撮影していただきました。
http://tomokoinagaki.com/


クリスタルボウルのやわらかい音色に始まり、
テノリオンのサウンドや声、ギター、シンセサイザーで色づけられた
アンビエントなアンサンブルが82年前から続く空間に響きます
(4:50~壮大な展開へと)


水晶の結晶でできたクリスタルボウルの響きとテノリオンのコラボは
とても新しくて新鮮でした。ジャンルがもはやどういうものか分かりませんが、
けれど、セッションとして成立している所が感動すら覚えます。

バンドメンバーを紹介します。


クリスタルボウルに岸和田薬師院の副住職でもあるYugiさん
テノリオン奏者で、ティノークスの新譜『オードミュニカ』にも参加していただいたトグチケンタさん
島根の山辺神社でも共演したamante brancoと宇宙犬のvocal、きよちゃん
そして我らがtinorksの3人


Yugi - Crystal Bowl
Kenta Toguchi - Tenori-on
Kiyomi Ogi - Vocal
Shizuku Kawahara - Vocal
Yusuke Shimono - Guitar
Hosei Tatemizu - Synthesizer


ぶっつけ本番、本当の意味での即興コラボレーションでしたが、
同じ波長をみんな感じながらやっていたと思うので、
展開も自然に生まれて、いい緊張感、いい波の揺らぎを奏でられました。

まさにライブでしか生まれえないセッション


音楽の広がりと可能性はまだまだたくさんあると
実感できた瞬間でもありました。

共演させていただいたミュージシャンの方々、
お聴きいただいた皆様、稲垣智子、西武アキラさん、
会場スタッフの皆様、ありがとうございました。


勝手に名付けたセッションタイトル『MOLA MUZIKO』(モーラ ムジーコ)

エスペラント語で『やわらかい音楽』の意味

煽るものではなくて音と空間の境目を曖昧にしてなびいている音楽


いつかこのメンバーでニューヨークのMoMAでやってみたいと夢見て


建水


岸和田自泉会館
http://www2.sensyu.ne.jp/fontaine/sisetu/sisetu.htm

紡や寺田家の関連建築を多く手がけた
渡辺節の設計による近世スパニッシュ様式の建築

1997年5月7日に国の登録有形文化財(建造物)に登録

Allmember_1_2


|

« amazonでも買えます | トップページ | 【動画】The Cradle Song »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« amazonでも買えます | トップページ | 【動画】The Cradle Song »