« コッケイ | トップページ | 晴れたから空に音まいて »

2015-04-22

went the Moon

4/11(土)ギャラリーNU-VU
『宇宙犬、ティノークスと月へ行く。』にお越しいただきましたみなさま、
宇宙犬のみなさん、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

Nuvu_2
(やすさん、写真ありがとうございます)




この日は演奏時間に余裕があったので、いつもよりも少し多めに選曲。




【Set List】

1. Odomyunica
2. Komorebi

MC

3. クジラが空を飛んだ日
4. Fullerene

MC

5. Hinata
6. Bird Song

MC

7. Rigel

MC

8. Homing





1曲目の「Odomyunica」(オードミュニカ)は1月のmore recordsインストアライブでも演奏。
中盤のシンセのコードを変えました。


当日までに雨の日が続いていましたが、この日は奇跡的に晴れたので、
2曲目の「Komorebi」はちょうど良かったかなと。


3曲目の「クジラが空を飛んだ日」、2/28の[IGLOO]でも演奏しました。
最近ではめずらしく唄もの。CD「ODOMYUNICA」の特典音源でもあるので、
CDをご購入していただいた方は、HPからぜひDLしてください。


音源とライブverはアレンジがけっこう違ってますので、
比べると面白いですよ。


4曲目の「Fullerene」(フラーレン)おなじみですね。tinörksの代名詞。
一番最後のシンセのフレーズを音色も含めて変えましたが、
少々弾きすぎた感があったので、この次の週の晴れ豆でのライブでは
まったく違うものに変更しています。


5曲目の「Hinata」 (ヒナタ) 最近soundcloudでの試聴回数がめっきり上がってきて、
TWでもピックアップされることが多いです。ディレイがかかったバードコールの音が
印象的ですね。

季節が春なので、雰囲気にぴったりな曲。自分でも気に入ってます。


6曲目「Bird Song」は2枚目のCD「Gyrocompass」に収録しているシンガーソングライターである
unai(ウナイ)さんの名曲をカバーさせていただいたもの。

Gyrocompassjacket_omote

unaiさんと出会ったのはもうかれこれ10年以上前。。。
その時に知った曲でした。

ライブではこの日はじめて演奏。

原曲からコード進行がだいぶ変わってるのと、「Gyrocompass」のverからも
アレンジを変えてライブverということで。

はかなさがテーマなので、弾いていると切なくなります。。。


7曲目は「Rigel」知る人ぞ知る新曲。
オリオン座を形成する恒星のひとつ。

ワンコードでシンプルですが、フルートのソロや印象的なギター、シンセのリフを盛り込んでます。

最後は予想通り?「Homing」
これもtinörksの代名詞的な位置づけですね。
ヤネトロニカの時から演奏していることを考えると、
tinörksのDNAレベルの音になってますね。

中盤、最後それぞれのキーボードソロは毎回即興で自由に弾いてますが、
少しずつ好きなフレーズが固まってきたように思います。




tinörksのあとは、音と絵の幽体離脱的ユニット 宇宙犬のステージ。

Facebookから引用

メンバーは、おと・うた担当のきよT(kiyomi ogi)、おと・からくり担当のdAL、
絵かき担当のめいP(mei obata)の三人。

Nuvu_3_2

ライブは、めいPさんの描くライブペインティングからはじまり、
立てかけたイーゼルの裏にマイクを仕込んで、描く時に
キャンバスに擦れる音をdALさんがエフェクトして加工して鳴らされてました。

ギミック的でおもしろいアイデアだなあとワクワクしてました。

22095_430937503748193_861500219521711127889_430937723748171_795765561510734084_430938117081465_8288231107


きよTさんは、唄とピアノでの弾き語りスタイルで、
それらの音もdALさんがエフェクトでリアルタイムで加工していきます。

弾き語りアンビエントというか、ライブペイントもあるので、
ジャンル分けが難しいですが、静かで柔らかい綿のような雰囲気。

こういう編成だと音楽だけでなくてアートの色々な要素を取り入れて
表現できそうです。





イベント最後は主催者の宇宙犬とtinörksによるこの日だけの即興セッション

Nuvu_1_2

こういうライブならではのセッションは貴重だし、何が出るのかやってみないと
分からないという緊張感もあって好きです。

10分ほどの演奏を2回に分けて。

Nuvu_4_2

1回目の出だし、stomp boxでのエフェクト音で宇宙のチリのようなものを表現して以降は
出たとこ勝負で、サビ的な所を作ろうと弾きながら考えてました。

Nuvu_5_2




終わってみれば、宇宙犬のめいPさんのライブペインティングの作品も
仕上がっていて、全員で月へ行けたのかなと。

ほっと一安心。




神戸方面で演奏することはなぜかあまりないですが、
今回のようなやわらかくて暖かなイベントで演奏させていただけて幸せでした。

あらためて、聴いていただいたすべてのお客さん、宇宙犬のメンバーのみなさん、スタッフのみなさん、
シズーキー、霜野さん、そしてきよちゃん、

ありがとうございました。






今年も残すところあと8ヶ月。

できることをやろうという気持ちです。




建水




Nuvu_6_2
(ピアノの上にあるのはめいPさんがフィンランドで買ったベル)


|

« コッケイ | トップページ | 晴れたから空に音まいて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コッケイ | トップページ | 晴れたから空に音まいて »