« 都構想大阪について考えてみる | トップページ | 雨ニモブレズ »

2015-05-03

どこまでも

インターネットラジオ J-WAVE内の番組

『MUSIC HYPER MARKET』の「投稿の殿堂」のコーナーで

みなさんに投票していただいたおかげで
tinörksが殿堂入りさせていただきました。

応援していただきましたみなさん、
ありがとうございました。

レーベルに所属していなくて、コネもなく、
無名であるこのバンドが公の場で評価をいただけることは
同じ境遇のアーティストの方々にも良い効果を生み出せるはずだと思っていますので、
この殿堂入りはとても意義のあることだと思っています。




tinörksに限らずミュージシャンはほとんどがレーベルに所属せず
かつ無名であることの方が圧倒的に多く、活動する上でなにかしら
障壁となることがたくさんあると思います。

音楽活動の中で、限りない試行錯誤、失敗の連続、
そしてまれに今回の殿堂入りのような「光」が射すことを経験します。

その中で、いつも考えていることは、無名であり、コネがない状態で、
どこまで活動の幅を広げれるかということ。

その大きな実践として今年後半から取り組むひとつ、ふたつのことの
結果がどう作用するかという実験というか、楽しみがあります。

規模が規模だけに企画倒れになる可能性も十分ありますが。




最近好きな言葉のひとつに、Jリーグ川崎フロンターレの監督である
風間八宏氏の

「非常識が未来では常識になる」

という一節。

tinörksの音楽は先鋭的でもなく、新しくもなく、流行的でもないですが、

(メンバーの誤解を招く恐れがあるので補足しますが、
これは僕が考えるtinörksのコンセプト上、雫と霜野さんに
方向性をあわせてもらっている結果としての音楽なので、
僕以外のふたりに先鋭さや新しさがないと言っているわけでは決してないです。
むしろ、tinörksのコンセプトを理解して実行、合わせる高度なスキルが二人にはあるということです)

普通はエレクトロニカ、電子系のアーティストが演奏しない場所でライブしたり、
へんてこな電子音と民族楽器、普通ではないギターの音色を組み合わせたり、
メンバー数の割に楽器の数、機材の数が山のようにあったり、
それなのにフットワークは意外に軽いとか、マニアックな音楽なのに、
MCは非常にポップだとか、意図的に特色を出すようにしています。

で、活動に関して、もっと非常識なことをしようと、
人によっては「無名だから身分をわきまえろ!!」と言われかねませんが、
それをやって結果がでなければ音楽活動での悔いはないし、
きっぱりと身を引けると考えています。

むしろそれ以上の活動はないし、無名でできる限界値がそれだろうと
以前からずっと思うからです。

で、その非常識なことがなんらかの良い形でもっと若くて、評価されるべき
アーティストの方々への活動のヒントやアイデアのひとつや道筋のひとつになればと思います。

真剣に活動すればするほど、時代の流れもあって音楽を作る者は弱者であると痛感させられますが、
自分たちではなくて、もっと世に出ていないアーティストやクリエーターの人で
才能がある人はたくさんいるし、最低限、等価の評価を得るべきだと強く思います。


|

« 都構想大阪について考えてみる | トップページ | 雨ニモブレズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都構想大阪について考えてみる | トップページ | 雨ニモブレズ »