« 音楽は必要か? | トップページ | クインテットの帆をあげて »

2016-11-23

きっと、忘れてしまうから

TINÖRKS(ティノークス)の公式サイトにupしているので、
すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
Komorebi [Light of Piano]という曲を
キヤノンマーケティングジャパン様のラジオCM
「忘れてしまう」篇のBGMに
採用していただきました。







出演者:
ハヤシコウスケ(シナリオアート)
南壽あさ子
音楽:
TINORKS「Komorebi [Light of Piano]」
コピー、演出:
井田万樹子
プロデューサー:
谷道忠
プロダクションマネージャー:
持田和宏




楽曲 Full ver.はこちら





下記番組内で一年間BGMとして流れます。

毎週月曜~木曜 17時00分~19時00分 Skyrocket company(スカイロケットカンパニー) 内
放送局:
TOKYO FM 80.0 MHz

毎週月曜~木曜 6時00分~9時00分 J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 内
放送局:
J-WAVE 81.3 MHz


キヤノンマーケティングジャパン様の公式サイトや
youtubeチャンネルにTINÖRKSの名前を
クレジットしていただいてます。




このCMには3度のラジオACCグランプリ受賞や、
カンヌラジオブロンズ、佐治敬三賞などで有名な
コピーライター&ディレクターの
井田万樹子さんが携わっておられます。

今回こういう光栄な機会をいただけて
うれしく思いますし、何よりも活動の励みになります。






10月某日、夜。
仕事の帰りに最寄り駅に降りて歩いていると
携帯電話が鳴りました。

未登録の番号からの着信。

いつもは無視するのですが、
なぜだろう、その時は電話に出ました。

CM制作会社の方からで、TINÖRKSの楽曲
「Komorebi [Light of Piano]」と「Fullerene[tonelico mix]」を
ラジオCMのBGMとして提案したいとのことでした。

猜疑心が強い性格もあって、警戒していたのですが、
その後いただいたメールに、状況や内容が丁寧に
書かれていました。

ぜひお願いしますと返信し、その後、
幸運にも1曲を採用していただくことになりました。


TINÖRKSの楽曲にはもちろん自信がありますが、
そうはいってもその自信だけでは世の中においては説得力が
ないと見なされることもあります。

なので、無名なバンドにも関わらず、今回メディアに取り上げていただける
貴重な機会をいただけたことはうれしく、
TINÖRKSの楽曲が世に出たことを誇りに思います。




欲を言ってはいけませんが、願わくば、
そのCMを聞いた方が、音楽に興味を持って、
TINÖRKSのことを知って、そこから日本の音楽は
J-POPや弾き語り、アイドルだけではないということに気がついて欲しい。

偉そうに書いてしまいますが、
イベントを主宰するオーガナイザーの方々にも
日本のインディーズミュージックシーンの多様性に気がついて欲しいし、
流行の力を借りなくても、魅力的なイベントは作ることができると。




それから20年、30年後、現在と比べて、
わくわくするような音楽が
カフェやイベントスペース、街中で演奏され、
それが、世界に通用する日本の文化のひとつになればと願います。


現在、流行とされている音楽や表現を否定する気は
ありませんが、日本の音楽シーンが腑に落ちないと
思う人は、井の中の蛙になっていないで、
思い切って海外での演奏や活動の機会を持てばいいと思う。

それが普通のことになる日を切に願います。




建水

|

« 音楽は必要か? | トップページ | クインテットの帆をあげて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽は必要か? | トップページ | クインテットの帆をあげて »